マンガ

弐瓶勉を読む ~アバラのよみかた~

「アバラ」は、弐瓶勉の2作目の長編で、全2巻からなるSFバトルマンガであり、チェンソーマンの作者である藤本タツキが「チェンソーマンは「ポップなアバラ」を目指して描いている」と述べたことで興味を持った方も多いかと思う。 「チェンソーマン」300万…

弐瓶勉を読む ~天国から見たBLAME!~

弐瓶勉の「BLAME!」はマンガとしては珍しいハードSF的世界観で有名な作品であり、巨大な建造物等に代表される圧倒的なスケール感や、トーンで覆いつくされた真っ黒な画面や、想像の余地を残した意味深なストーリー等で話題になることが多い。今回は、今までB…

弐瓶勉を読む

弐瓶勉は自分が最も好きな漫画家だったのだが、シドニアの騎士ぐらいからそれまでの作品ほどはまれなくなった。自分が昔の弐瓶勉のどこが好きで、なぜ好きじゃなくなってしまったのかを考えた。 方法として、弐瓶勉の作品に共通して登場するモチーフについて…

スペクトラルウィザード 最強の魔法をめぐる冒険 模造クリスタル

スペクトラルウィザードの続編があるとはまさか思っていなかったのでほんとにうれしかった。前作はここ最近で一番好きなマンガだった。今作は前作よりももっとエンタメ感が強いように思ったが、心にささる心情描写もあって前作に負けず劣らずよかった。 今作…

年上の人 バスティアン・ヴィヴェス

バスティアン・ヴィヴェスはポリーナを読んではまって以来全部読んでいる(ラディアン以外)。ラディアンはお母さんがエロいことぐらいしか覚えていない。 バスティアン・ヴィヴェスの描く、いろんな関係性が重なり合った人間関係が好きだ。ポリーナでは、バ…

ダンジョン飯 6巻 シェイプシフター考察

自分と同じ考察が見当たらなかったので書いた。表で色を付けているところが考察で、ほかは消去法で埋めた。 1.ライオスのシェイプシフター みんなのライオス像がむちゃくちゃすぎて笑える。 2.チルチャックのシェイプシフター センシはチルチャックのこ…

『山賊ダイアリー』岡本健太郎

ダンジョン飯から飯マンガをあさってて見つけた。 山賊ダイアリー(1) (イブニングコミックス) 作者: 岡本健太郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/01/04 メディア: Kindle版 購入: 2人 クリック: 2回 この商品を含むブログ (9件) を見る 1.あらす…

『三好さんとこの日曜日』三好銀

よかった感覚だけ残っててまったく言語化できない 三好さんとこの日曜日 (Spirits neko comics) 作者: 三好銀 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1992/12 メディア: 単行本 クリック: 5回 この商品を含むブログ (9件) を見る あらすじ 夫婦と猫一匹の何気ない…

『ローカルワンダーランド』福島聡

福島聡の新しい短編集が(2冊同時に)出た! ローカルワンダーランド 1巻 (ビームコミックス) 作者: 福島聡 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン 発売日: 2016/04/15 メディア: コミック この商品を含むブログ (2件) を見る あらすじ SF風味のい…

『マスタード・チョコレート』冬川智子

コミュ症が成長して他人と関わるようになってく話は泣ける。 マスタード・チョコレート 作者: 冬川智子 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2012/04/14 メディア: コミック 購入: 3人 クリック: 35回 この商品を含むブログ (19件) を見る あらすじ …

『あんずのど飴』冬川智子

仲の良かった友だち同士が、いつの間にか疎遠になっていくのは寂しいことだ。 あんずのど飴 (IKKI COMIX) 作者: 冬川智子 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2013/01/30 メディア: コミック クリック: 6回 この商品を含むブログ (6件) を見る 高校に入ってす…

『辺境で』伊図透

短編集だが同じ登場人物が出てくる話もあり、連作短編のような形になっている。収録されている話は、美大生の話、小学校の優等生の女の子が不良の男子と高オニをして遊ぶ話、ソ連で鉄道を敷く話など様々で楽しめた。 辺境で 伊図透作品集<辺境で 伊図透作品…