読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『スキャナー・ダークリー』フィリップ・K・ディック

麻薬乱用は病気ではなく、ひとつの決断だ。しかも、走ってくる車の前に飛び出すような決断だ。(p.453) スキャナー・ダークリー (ハヤカワ文庫SF) 作者: フィリップ・K.ディック,Philip K. Dick,浅倉久志 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2005/11 メディ…

『カウント・ゼロ』ウィリアム・ギブスン

「お疲れの様子ですね」 と言いながら、パコはスクリーンを畳み、電話器をバッグに戻すと、 「あの男と話したあとは、老けこんで見えますよ」 「そう……」 どうしたわけか、今、ロバーツ画廊のあのパネルが眼にうかぶ。あの、たくさんの顔。『死者たちの名の…

『スローターハウス5』ジョージ・ロイ・ヒル(原作:カート・ヴォネガット)

カード・ヴォネガット原作の小説の映画版。 前から見たいと思っていたがDVDで安いのが出ていたので買って見た(パッケージの背表紙部分に「続・死ぬまでにこれは観ろ!」と書いてあってダサい)。 スローターハウス5(続・死ぬまでにこれは観ろ!) [DVD…

『インターステラー』クリストファー・ノーラン

今更インターステラーを見た。そして気持ち悪い声を出してぼろぼろ泣いてしまった。 とにかく自分の琴線にふれまくる作品だった。 インターステラー [Blu-ray] 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 発売日: 2015/11/03 メディ…

『高い城の男』フィリップ・K・ディック

「われわれはみんな虫けらだ。なにか恐ろしいもの、それとも神々しいものに向かってうごめいている虫けらだ。そう思わんかね?」(p.163) 高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568) 作者: フィリップ・K・ディック,土井宏明(ポジトロン),浅倉久志 出版社/メーカー:…

『流れよわが涙、と警官は言った』フィリップ・K・ディック

流れよわが涙、と警官は言った (ハヤカワ文庫SF) 作者: フィリップ・K・ディック,友枝康子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1989/02 メディア: 文庫 購入: 14人 クリック: 60回 この商品を含むブログ (113件) を見る 先の展開が読めなくて、次はどうなる…